fc2ブログ

makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

自転車で日本一周の旅 (東北被災地沿岸編) 2日目

2023/7/14(金)~7/17(月)の4日間、自転車で福島県いわき市~宮城県女川町まで、被災地の沿岸沿いを走ってきました。
このブログはその2日目(2023/7/15)の旅日記になります。

1日目の日記はこちら

2日目(2023/7/15)のスタート


2日目は福島県双葉郡の「道の駅 ならは」からスタートです。
昨晩、雨の当たらないこの位置でテント野宿しました。
20230715_010.jpg

一晩お世話になった道の駅を出発です。
20230715_020.jpg

出発して4kmほどで雨が降ってきました・・・
ちょうど「笑ふるタウンならは」というショッピングモールがあったので雨宿り。
20230715_030.jpg

その向かいに「みんなの交流館 ならはCANvas」があります。
2Fにフリースペースがあり、自習席や無料のマッサージ器もあります。ここで雨が止むまで読書してました。
20230715_040.jpg

正午過ぎに雨が上がったので出発し、福島第一/第二原子力発電所の横を走る国道6号線を北上していきます。
この国道6号線の両サイドはいまだに立ち入り禁止区域、帰還困難区域が広がっています。

東日本大震災・原子力災害伝承館へ。
20230715_050.jpg

伝承館の隣にある双葉町産業交流センター(F-BICC)のフードコートで先に昼食。
なみえ焼そば。福島県双葉郡浪江町の安くておいしい、昔から親しまれる極太麺の焼きそばだそうな。
20230715_060.jpg

昼食後、お隣の東日本大震災・原子力災害伝承館へ。
20230715_070.jpg

東日本大震災と津波に伴う原子力災害を後世に伝えることを目的とした施設です。
20230715_080.jpg

今回の自転車旅の目的の1つは、被災地の復興を肌で感じることでした。
この施設では、それをまざまざと伝えてくれます。
20230715_090.jpg

震災遺構 浪江 町立請戸小学校へ。
20230715_100.jpg

倒壊を免れた校舎に刻まれた脅威を後世に伝えるため、2021年より震災遺構として公開されているんだそうな。
20230715_110.jpg


海岸のすぐ近くにあるんですが、全員が無事避難することができた奇跡の学校だそうな。
ところどころにある当日の状況を説明したパネルに泣かされる・・・
20230715_120.jpg

小学校と自転車と、お写真一枚。
20230715_130.jpg

「道の駅 なみえ」へ。今日の宿営地です。
20230715_140.jpg

浪江町の復興のシンボルとして、令和3年3月20日にオープンした道の駅です。
20230715_150.jpg

道の駅内にあるラッキー公園。
20230715_160.jpg

お隣に子羊。
20230715_170.jpg

「いこいの村なみえ」へ。日帰り入浴施設があります。
のんびり湯に浸かり、疲れを癒します。
20230715_180.jpg

NHKの「ドキュメント72時間」で「福島・浪江 小さな弁当屋にて」で特集されていたお弁当屋さん。
20230715_190.jpg

その向かいにイオン浪江店があります。
こちらもドキュメント72時間 「福島・浪江 年の瀬、ふるさとのスーパーで」で特集されていました。
20230715_200.jpg

イオンのフードコートで湯上りの一杯。1日の旅を終えて、ささやかな幸せ。
20230715_210.jpg

お隣の中華料理屋さんで夕食。
20230715_220.jpg

お隣の道の駅にテントを張り、就寝~
この日は福島県双葉郡の「道の駅 ならは」から浪江町の「道の駅 なみえ」まで、54kmほど走りました。
20230715_230.jpg

3日目の日記へ
 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://makopi23.blog.fc2.com/tb.php/427-3663c5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-->