FC2ブログ

makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

「JJUG CCC 2019 Spring」に参加しました

2019/5/18(土) 「JJUG CCC 2019 Spring」に参加してきました。

公式サイト
http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/

Togetter
https://togetter.com/li/1356737

今年もこの季節がやってきました。今回も1000人以上の参加ということで、相変わらず凄い熱気。
個人的にも、半年ごとの恒例参加イベントになってます。
仕事でも普段Java使ってるし、とっても楽しく有意義。

最初のセッションは10時からということで、10分前くらいに西新宿の会場に到着~
20190518_01.jpg

この日は朝から清々しい五月晴れ。品川の自宅を自転車で出発し、サイクリングを兼ねて向かいました。


この季節のサイクリングは実に気持ちいいですな~。

以下、参加したセッション。

Java11時代のHTTP(S)アクセス再入門


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/f05a7f3e-6fef-4366-9116-39f1cb62a57c
Introduction httpClient on Java11 / Java11時代のHTTPアクセス再入門 from tamtam180


Java11で正式APIとなったHttpClientの使い方を紹介するセッションです。
そういや、JavaでHTTP通信のクライアントコードってほとんど書いたことないなぁ・・・
バックエンドにSpring Frameworkを使ってるけど、フロントエンドはAngularやSpring MVCでRESTをちょと使うくらいなので。
けっこー自然にコード書けそうで、使いやすそうだなと思いました。




大企業運営の法人向けサービスにおけるOpenJDK移行事例


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/420aaed4-ae0e-436d-9711-bb5211d4dbb8


JDKのマイグレーションに関する知見がたくさんのセッション。
こーゆう現場の生の経験満載の知見に基づくセッションは強いですなぁ。
そういや仕事で作ったちょっとしたJavaのツール、最近Java 8からOpenJDK11にちょうど移行したトコけど検証ちゃんとやってないなぁと戦慄・・・
Javaのサポートポリシーも大きく変わって理解が曖昧になってる部分も多いんで、帰宅してブログ書く前に、OpenJDKのライフサイクルとかディストリビューションとかいろいろググったりしていい勉強になりました。
こーゆうキッカケからのお勉強がいい副産物になるのです。





毎度、素晴らしいグラレコですな~

開発リーダー1年目。メンバーのスキルアップのためにやっていること。


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/94c0bea5-44d4-45a7-861d-9e8539ee7eea
20190518_g2b.jpg

業務時間中の輪読、羨ましい・・・
スクラムやってるとのことですが、スクラムの柱の1つに「透明性」ってありますよね。
輪読会やるとなると、透明性の観点からプロダクトオーナーにもその事実が周知になるわけですが、プロダクトオーナーと開発チームに受託開発的な受発注関係がある場合、輪読会やるって説明が少し大変だったりする場合もあるのかな、と思います。
というのも、「輪読会なんかに時間を割くくらいなら、その時間も開発に充ててよ!」とか言い出すプロダクトオーナーもいるんじゃないかな、と。
そーいった利害関係の超えての調整労力もマネージャーに求められたりするだろなー、と思ったりして、またいろいろ考えさせられる・・・





あ、Java読書会の輪読もいかがっすか~


Cloud Native時代の開発環境とアプリケーション基盤


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/4606dbaa-1191-43e1-b923-ac6882880d11


ランチセッション。レッドハットさん、お弁当ありがとうございます~


お弁当を食べつつ、セッションを聴講。
Eclipse CheというブラウザベースのEclipse IDEの紹介です。
Eclipse Cheって今回のセッションで初めて知りました。ブラウザでここまでできるのは凄いですね。
環境を統一できたり、ワークスペースを共有できたりと、ふつーのデスクトップアプリ版のEclipseに無い機能が興味深い。
そういやPostgreSQLのpgAdminも、最近ってブラウザベースになってますよね。操作性もそれほど悪くないし。
ブラウザでコーディングなんて、って思っちゃいそうですが、一度試してみる価値はありそう。




お昼休み


恒例のLT大会。無料コーヒーを戴きつつ、楽しいヒトトキを過ごします。
20190518_02.jpg

15時くらいにある長めの休憩タイムにも2回目のLT大会が催されましたが、そっちも聴講参加。
@yusuke さんのLT、安定の面白さ(笑




先行開発!Javaでクリーンアーキテクチャ -- ゼロから始める新規開発


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/4ce63414-6e92-4612-91e1-9b84e772cc81


こちらのセッション、スライドだけでなく解説記事まであります。素晴らしい。
https://nrslib.com/clean-architecture-with-java/

ちょうど「Clean Architecture 読書会」に参加してて本読んでるところなので、タイムリーなセッションでした。


今回の講演は背景にDDD色が強く出てて、クリーンアーキテクチャをDDDと合わせて捉えるという点が新鮮でした。
スライドで紹介されてる内容、もう一度よく復習したい。
Javaのインタフェース駆使してDIPとかで設計したことあんまりなくて、なかなか難しい・・・







テストエンジニアが教える JUnitを書き始める前に考えるべきテスト


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/0f7a8cf8-4862-477f-81bf-6dc3d47eb450


私も自社でソフトウェアテストの講師やったりするので、知識の再整理にとても役立つ内容でした。
menti.com というサービスを使って参加者とインタラクティブに進めるスタイルは斬新。
これはウチの教育でも使えるかもしれないなー
テスト設計についてチームで会話して認識齟齬を実感するワークショップとかも面白い。
いろいろ参考に出来そうなネタが入ってて、気づきも多く、とても勉強になりました。







1400万ユーザーのWebサービスを15年運用して考える、Javaである理由


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/755b3eda-f8db-408c-93d5-35faca8d089d


タイトルには「15年運用」とありますが、講演者は社会人もJava歴も3年目という若手の女性エンジニアさん。
この講演のためにいろいろ調べたり纏めたりされたのだと思いますが、素晴らしいチャレンジ。
自分が3年目でこんなチャレンジできただろうか?と自問してしまいます・・・
自分が新人エンジニアとして入社したのはもう十数年前になりますが、当時はJava全盛で、お堅い巨大SIerということもありJava以外の言語という選択肢があまりなかった時代でした。
今の時代、Java以外の言語もあたりまえに普及してて、タイトルにある「Javaである理由」というのを改めて考えてみるのも確かに必要かも。
個人的にはJavaが一番好きなので、このままJavaで行きたいと思うのでした。







JJUG会長と一緒に考えたSpring Boot x JavaScript x IntelliJ x アジャイルというモダンな新人研修を今まさにやっている話


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/0d49f105-e79f-44a5-8ad8-1404556df1a2



個人的に、今回のJJUG CCCで一番聞きたいと思ってたセッション。
というのも私も自社の新人研修講師を担当してて、Spring Framework + JavaScript(Angular) + アジャイル開発、というネタでちょうど今、教えている最中なのです。
期間は5月中旬~6月末までの1か月半です。
ということで、今回のセッションネタと超近く、しかもリアルタイム。
どうしたら新人たちにとって有意義な研修となるだろうか、というのを日々、自問自答しつつ進めています。

あと多田さんもおっしゃってましたが、先進的な教育を整備するのにお金や工数をかけても、その研修カリキュラムを買ってくれる顧客がいないと商売として成り立たないわけで・・・
いろいろ同じ悩みをかかえつつ考えを整理することができて、とても参考になりました。
私は研修講師が専任業務ではなくエンジニア業の方がメインですが、人に教えるという過程は自分にとっても凄い勉強になる。








マイクロサービス:4つの分割アプローチの比較


セッション紹介: http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/sessions/f559d9cd-2495-4327-b2ba-7f89a3115a85
マイクロサービス 4つの分割アプローチ from 増田 亨


DDDの大御所、増田さん。
今日はDDDではなくマイクロサービスという観点でのセッションでしたが、やはり随所にDDDが登場してますね。
DDD本もIDDD本も両方読んでるけど、エヴァンス流とバーノン流、という2つの流派があるなんて、知りませんでした・・・
外部キーによる参照整合性制約のリアルタイム性を捨てる話とか、1つのトランザクションを更に分解する切り口とか、マイクロサービスという思想に沿った設計観点の話は非常に興味深い。

スライドに自己紹介のページが1枚もないのも凄い(笑
自己紹介に時間を割くくらいなら講演の中身に時間を割きたい、という熱い思いなのか、45分すべてを聴衆のために投入すべく自己アピールなんてゼロにする圧倒的スタイルw




まとめ


今回も素晴らしいイベントでした。講演者のみなさん、コミュニティ関係者、運営スタッフさんに感謝。
自分が知らない知識や思想だけでなく、エンジニアとしての姿勢だったり、熱い思いだったり、いろいろ気づかせてくれるイベントで、しかもなにより、参加してて楽しい。
勉強するために参加するというより、今日1日お祭りとして楽しもう、と感じさせてくれるイベントです。
懇親会のお寿司やお酒も惹かれますが、飲酒(自転車)運転になってしまうので懇親会不参加なのが悔やまれる。

秋のJJUG CCCもぜひ参加したいと思うのでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makopi23.blog.fc2.com/tb.php/317-fd0b54bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-->