makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

「【東京】JJUGナイトセミナー Git入門」に参加しました

2016-01-25(月) 「【東京】JJUGナイトセミナー Git入門」に参加してきました。

DoorKeeper
https://jjug.doorkeeper.jp/events/37249

Togetter
http://togetter.com/li/930969

場所は日本オラクルさんです。
参加者は230人くらいでしょうか。会場は後まで満杯で、立ち見まで出て大盛況でした。

普段のお仕事でもGitやGitBucketを使う機会がだいぶ増えました。
ただ、使いこなせてるかというと自信がなかったので、この日の勉強会の内容はとても興味がありました。

以下、自分用のメモ。


Gitはじめの一歩 (@ihcomegaさん)

Gitはじめの一歩 from Ayana Yokota




手書きの絵がかわいいですね。新卒3年目で登壇とは素晴らしい。

■ 分散バージョン管理の便利なところ
  • 自分自身のリポジトリが作れるので気軽に操作できて精神的にも嬉しい。
  • SVNだと皆で使うリポジトリが1つだけなので、操作にプロジェクト全体が影響する。

■ ローカルでの操作詳細
  • commitする前にステージに上げる。(git add)
  • ステージから戻すこともできる。(git reset)

■ リモート・ローカルで歴史をやりとり
  • pull = fetch + merge

■ ブランチ
  • 今作業中のブランチをHEADという
  • ブランチの統合には2種類ある。 merge / rebase
  • 合体させて1つにする: git merge
  • つけかえて1つにする(歴史が書きかわる): git rebase

■ マージの種類

  • fast-forward : 枝分かれ元に変更がない
  • non-fast-forward : 枝分かれ元に変更がある

■ オススメ本(無料)





Git実践入門 (@syobochimさん)
20160128 jjug Nightセミナー_Git実践入門 from Mizuki Wada




入社4年目で大手SIer勤務とのこと。
この日の講演者はお二人とも女性で、入社3~4年目の若手エンジニアでした。素晴らしいチャレンジ精神。


■ 開発スタイル
■ 困ったこと

■ プロジェクト構成とブランチモデル

(1) ケース1
  • ベースリポジトリとサイトリポジトリに分ける。
  • ライブラリアンというチームを作って、ベースリポジトリはそのチームしか触れない。
  • ベースリポジトリからリリース物を作る
  • フレームワーク用にリポジトリを分けている。
  • フレームワークの取り込みタイミングは、アプリチームが最適のタイミングを決められる。

(2) ケース2
  • developA、developB、developC・・・は、開発拠点毎に作る。
  • フレームワークの変更がdevelopにマージされ、それしか使えないので、すぐに各チームは取り込まないといけなくなるので、素早く変更が反映される。

(3) ケース3
  • developブランチのみで開発し、直接developへコミットする。
  • masterへのブランチは受け入れ時のみ。

■ 導入・運用してみて思った事
  • ガイドを用意するとスムーズ。
  • しょぼちむさん作成のガイド: http://syobochim-doc.readthedocs.org/ja/latest/index.html
  • ややこしいことはさせない。禁止するんじゃなく、教えない。

■ 改善が必要だと思うこと
  • featureブランチは息短めにする

■ ギットクエスト




■ 質疑応答

Q1.
Gitが流行ってるから導入したい、ってPMに説得したけど、受け入れてもらえなかった。
説得をどうすればいいか?

A1.
そういうPMはGitとかに興味がないので、PMを説得せずに先に入れちゃう。
無料なので、開発者の中で同意がとれてればいいのでは。バレたら謝るくらい。
わからない人にはわからないことを言わないw


Q2.
SVNでできるのってGitでもできるの?

A2
SVNはロックがかけられる(チェックアウト時の凍結ロック)のがGitと異なる。
Gitはマージが優秀なのでマージでカバーする。
マージの恐怖心をなくしてあげることが重要。


Q3.
SVNよくしってる現場にGitをいれるとき、SVNと同じ使い方もできると思うが、Gitの何をつかえばよいか?

A3.
SVNは同じところにコミットしていくのでプレッシャーがある。
Gitは同じとこにコミットするという精神的負荷がないのが良い。


★感想:
登壇者のお二人、入社3~4年目の若手女性エンジニアさんだったんですが、とても「しっかり」しているイメージでした。
きちんと自分の考えを持って、自分の意見を主張している姿が目に浮かびます。
個人的にも、Gitについて理解があやふやな点も整理でき、とても有意義でした。

あと、ギットクエストをプレイしてみたんですが、斬新な発想ですね。
Gitの学習を始めるステージ、コアな部分をアトラシアンのサイトに丸投げしている部分にいつも噴くw

関係者の皆様、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makopi23.blog.fc2.com/tb.php/199-6bf4e92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad