makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「RESTful#とは勉強会2」に参加しました

2014/11/28(金) 「RESTful#とは勉強会2」に参加してきました。

DoorKeeper
http://rubychildren.doorkeeper.jp/events/17514

ちなみに私、ちょうど会社でRESTの必要性に迫られて、以下の書籍で独学している最中なのです。

JavaによるRESTfulシステム構築JavaによるRESTfulシステム構築
(2010/08/23)
Bill Burke

商品詳細を見る


この本は、JavaのRESTに関する仕様であるJAX-RSの本です。現在、読みながらちょとずつ写経中。
そんな私にとって、この勉強会はタイムリーなネタなのでした。

ちなみに前回も参加したかったんですが、他の勉強会と被ってしまって残念ながら行けなかったのでした。。。
なので今回が初参加。
この日は前半が「Webを支える技術」の読書会で、後半が @t_wada さんの講演でした。

とても参考になる勉強会だったので、当日のツイートをTogetterにも纏めてみました。
http://togetter.com/li/751922


■ 前半:「Webを支える技術」の読書会
以下の書籍をターゲットに、テーブルごとに読書とディスカッションを行いました。

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)
(2010/04/08)
山本 陽平

商品詳細を見る


今回は5章「URIの設計」が対象範囲でした。

まずRESTを学んで驚いたのが、URIを「設計する」という概念があることですね。
この章にも出てきますが、「Cool URIs don't change」(クールなURIは変わらない)とWebの発明者が論文で提唱してます。

あと、リダイレクトの仕組みを使ってURIの普遍性を維持する、というお話がありました。
これはちょうど職場で悩んでいた点だったので、とてもヒントになりました。

最後に質疑応答でAmazonのURLについて話がありましたが、これも興味深かったですねー
1つのリソースに複数のURLがある場合、<link rel="canonical">で代表URLを指定する、という仕組み、初めて知りました。
そしてAmazonでは、代表URLに敢えて長い、書籍名を含ませたURLを採用している点が興味深かったですね。
あと、同じリソースへのURLはできれば1種類がよい、というお話もありました。


■ 後半:「和田さんによるRESTfulな設計のお話・座談会
千駄ヶ谷.rbで講演されたときの資料をベースとした講演です。
RESTful Web アプリの設計レビューの話 from Takuto Wada


すごく参考になった。以下、個人メモ。
---

■ 結論:RESTは麻疹である
  • 良いものなので、早く感染して使いまくって、痛い目を見て卒業しましょう。
  • 痛い目を見て、しばらく離れて、あとで戻ってくるくらいがちょうどいい。


■ URLに動詞が含まれていないか
  • まずレビューすのが、URLに動詞が含まれていないか、という点。
  • RESTの世界は動詞は5つくらいあればいい。他の動詞はいらない。
  • URLに「edit」が含まれる場合は、「まあいいか」とすることもある。規約による妥協、という考え。
  • なるべく名詞に近づける努力をする。
  • loginは動詞じゃね?と調べてみると、そもそも「login」という英語はなく、logとinの合成後だった。


■ URLが無理な構造になっていないか
  • 話し言葉みたいに読める、というのはURLにとっては大事でなはい。意味がわかることが大事。
    • TumblrのURLは悪い例。
  • コピー元とコピー先に上下関係にない。
    • レビュー時は、URLの右にいくに従ってサブセットになっているかを見る。
  • URLの左に行くほど偉い、右にいくほど偉くない。
  • URLの名前探しには英英辞典や類義語辞典が便利。いつも辞書と共に設計をする。
  • リソースとリソースの関係を探す第三のリソースを探す。
    • 自分が知ってる単語から始まって、自分の知らない単語にどう辿り着くかが大事になってくる。
    • HTTPメソッドが4つじゃ足りないよ、とよく言われる。(例:購読する、とか4つでできないじゃないか!)
    • そこでまず考えていくのが、「自分がやりたいことが、何かを消したり更新したり、といった4つのどれに該当するだろうか」と思考を持っていくこと。
    • 例えば「購読する」なら、「subscription」を「作ろう」としている、と考える。 
    • 例えば「属する」なら、「belong」という関係を「作る」と考える。「作る」が「入社」で、「消す」が「退社」になる。
    • といったふうに、CRUDでけっこう表現できる。この思考を結構頑張ることが大事。


URLの意味と意思
  • URLには、「意味を示す場所」と「意思を示す場所」がある。レビューではそれが混ざってないかを見ている。
  • ?の前までは「リソースの意味」。?の後ろが「クライアントの意思」。
  • ?以降をすべて取り去っても意味は変わらないか、?以前にリソースの意味と関係ない要素はないか、を見る。
  • lang=jaとかは微妙で、グレーゾーン。


■ CRUDの重力に引かれていないか
  • Webの4つのメソッドがRailsの6つのメソッドに対応づいている。
  • 第3正規形のテーブルと1:1のrouteがあるのは粒度が細かすぎて、n+1問題にも容易に突き当たる。
  • DBだけでなく、Webでもこの問題が出てきてしまう。
  • DBの世界の粒度とWebの粒度は同じではない。
  • どうやって1:1と1:1じゃない世界を結びつけたらいいのか、はcontrollerの仕事。


■ ステータスコードの選択
  • そのリソースに対する操作がどうなったか、がWebの世界にはある。それがステータスコード。
    • URL設計の壁を乗り越えていけば、ステータスコードも収束してくる。
    • URL設計を頑張ると、その後は結構スイスイ行く。
    • ステータスコードで障害の一時切り分けができる。
  • 良くない設計は、ステータスコードを全部200で返して、レスポンスのJSONにエラーコードが入っている、とか。
    • レスポンスの中を見ないと成功か失敗かが分からないし、コードの解釈も場面で変わるのでナンセンス。
    • レスポンスの中身を見なくて、なにがどーなったかが分かる組みがWebにある。それがステータスコード。
  • Railsはフレームワークまで例外が到達すると、ステータスコードに例外をマッピングして投げる。
  • URLに含まれるのIDを1ずつズラしてアクセスしたり、アクセス権限がないけどリソースは存在、といった情報を知りたがる悪意に対処するために、ステータスコードをわざとズラして秘匿することがある。


■ 表現の設計
  • 返ってくるJSONにURLが含まれてない、といったことがないかをレビューで見る。
  • URLがないと、そこで袋小路で止まり、それ以降、辿れなくなる。
  • URLが分からないものに対してURLを提供する。


■ 持続性のある表現のために
  • 行き止まりを作らないようにする。選んで遷移できるようにする。
  • サービスから送られてくるURLを使うことによってのみ遷移できるように考えてください。
  • リンクがすごい大事。サーバから帰ってきたリンクで遷移先を決められるようにすること。


■ よくある議論
  • 確認画面とかプレビュー画面のurlってどうやってるの?
  • 階層構造だと、移動元と移動先、とか対等なものを表現するのに困るよね?
  • 一部成功して一部失敗のときのレスポンスコードってどうするの?
  • DBを移行して擬似キーのIDが変わったら、ぜんぶリンク切れになりました。。。
  • クライアントかサーバか、どっちで処理するかは揺れる。フレームワークの種類によって大きく変わる。
    • 時代はサーバである、クライアントである、と安易に言うのは思考停止でしかない。
  • Twitterの @logout さんは、Twitter社は盲点だった。URLでログアウトしてしまう・・・

★感想:
ちょと前にRESTを学び始めた初学者の私にとって、すげー参考になる勉強会でした。
REST、URI、奥深し・・・。
あと和田さん、あるときはTDDだったり、DBだったり、RESTだったりと、毎回、技術の引き出し凄すぎやで。

そして勉強会が次回もあるなら、是非参加したいなぁ、と思うのでした。
あと、「Webを支える技術」と「JavaによるRestfullシステム構築」の2冊も、きちんと読んで写経しないと・・・

皆様、ありがとーございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makopi23.blog.fc2.com/tb.php/154-708ef665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。