fc2ブログ

makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

自転車で日本一周の旅 (中山道~木曽路~名古屋) 4日目

2023/9/15(金)~9/18(月)の4日間、自転車で長野県塩尻市~愛知県名古屋市まで、中山道沿いや木曽路を走ってきました。
このブログはその4日目(2023/9/18)の旅日記になります。

1日目の日記はこちら

4日目(2023/9/18)のスタート


4日目は愛知県名古屋市守山区のネカフェからスタートです。
無料の朝食、食パン4枚も食べてしまいました・・・
20230918_010.jpg

一晩お世話になったネカフェをスタートです。
20230918_020.jpg

今日は4連休の最終日ということで、大学と大学院の6年間を過ごした名古屋のアパート近辺を散策してみます。

まずは中日ドラゴンズのホームアリーナ、バンテリンドームへ。
学生時代、夜によくジョギングしてたんですが、折り返し地点がバンテリンドーム近くの交差点でした。
ちなみに私、生まれも育ちも愛知県なので、中日ファンです。ちょうどこの日はバンテリンドームで福田選手、堂上選手、谷元投手、大野奨太選手の引退会見が行われたようです。
20230918_030.jpg

上野天満宮へ。
20230918_040.jpg

学問の神様で知られる菅原道真公をお祀りする神社で、創建以来1000年以上の歴史があるんだそうな。
20230918_050.jpg

こちらが大学と大学院の6年間住んでいたアパートです。大学まで徒歩5分。
20230918_060.jpg

6年間住んでいた自室の前へ。
20230918_070.jpg

母校、名古屋大学。大学と大学院の6年間、お世話になりました。
20230918_080.jpg

名古屋大学は広大なキャンパスがあり、開放感ある雰囲気が好きでした。
大学と大学院では情報工学(コンピュータ・サイエンス)を専攻しましたが、今のエンジニア人生の下地になっています。
20230918_090.jpg

2~3年前に出張で愛知県豊田市に来た時の帰りに、当時住んでたアパートや名古屋大学へ、ちょと寄ったんですよね。
なので、そんなに超久しぶり、というわけではありませんw

本山駅前の交差点。急に雨が降ってきたので駅前のマックスバリューさんに退避して休憩。20分ほどで止みました。
20230918_100.jpg

学生時代にバイトしていた酒販店さん、この飛騨さんの横にあったんですが、無くなってしまったようです。
移転したのかな~。とてもお世話になったので、ご挨拶したかった。
20230918_110.jpg

そして今回の旅路の終焉、愛知県津島市へ。
津島市は豪雨予報だったのと、ここまでの旅路で疲労困憊なところもあったので、名鉄 津島駅までは輪行にしました。
20230918_120.jpg

津島市は母の実家がある街で、子供の頃、夏休みや年末年始に家族でよくおばあちゃんに会いに高蔵寺ニュータウンから帰省しました。
ということで、おばあちゃんのお墓参り。亡くなってから30年くらい経ちますが、おばあちゃん大好きでした。
お墓の位置を見つけるのに苦労しました・・・
20230918_130.jpg

ヨシヅヤへ。子供の頃、よくおばあちゃんに連れて行ってもらって、おもちゃを買ってもらいました。
津島本店の位置は子供の頃の場所から移転してるので、残念ながら当時の建屋とは異なります。
20230918_140.jpg

ヨシヅヤといえばこのテーマソング。頭の中でリフレインして離れない・・・w


子供の頃、ヨシヅヤのフードコートにあった焼きそば屋さん、とっても美味しくて、まだあるかな~と思って探してみたんですが、さすがにもうありませんでした・・・
20230918_150.jpg

ヨシヅヤのフードコートで昼食。暑さと疲労で食欲があんまりないので、今日もざるそば。
20230918_160.jpg

天王川公園へ。
20230918_170.jpg

おばあちゃん家から近くにある大きな公園で、夏休みには盛大なお祭りが開催され、よく親戚一同で行きました。
20230918_180.jpg

天王川公園のお隣にある津島神社。
20230918_190.jpg

東海地方を中心に全国に約3千社ある津島神社・天王社の総本社で、1450年くらいの歴史があるんだそうな。
20230918_200.jpg

おばあちゃん家。毎年夏休みになると家族で帰省するのが恒例イベントでした。
今も母の兄の一家が住んでいて、子供の頃はここで従妹とよく遊んだものでした。
20230918_210.jpg

津島駅前にあるネカフェへ。
シャワーを浴びて、涼みながらソフトクリームを食べて、オレンジジュースを飲んで、30分コースでお会計、計210円。コスパ最強。
20230918_220.jpg

津島駅前で自転車を分解して輪行袋へ入れ、名鉄と新幹線を乗り継いで東京の自宅まで帰りました。
20230918_230.jpg
20230918_240.jpg

この日は名古屋大学の近辺と津島市へのお墓参りがメインで、経路はこんな感じ。
20230918_250.jpg

今回の自転車旅を終えて


前半2日は長野県~愛知県まで、中山道の宿場町沿いや木曽路を走りました。
後半2日は子供の頃に住んでた高蔵寺ニュータウン、学生時代にお世話になった名古屋大学の近辺、津島市へおばあちゃんのお墓参りへ行きました。

この4日間、ホントに濃い旅路でめちゃくちゃ楽しかった~

でも、9月にしては暑すぎる・・・。日本ってこんなに暑かったっけ・・・?
これだけ暑いと、もう7月~9月は自転車旅は控えが方がいいのかもしれないな、と。
ということで、10月にも3連休があるので、涼しくなってることを祈りつつ、まだ自転車旅の予定を立てようと思うのでした。

自転車で日本一周の旅 (中山道~木曽路~名古屋) 3日目

2023/9/15(金)~9/18(月)の4日間、自転車で長野県塩尻市~愛知県名古屋市まで、中山道沿いや木曽路を走ってきました。
このブログはその3日目(2023/9/17)の旅日記になります。

1日目の日記はこちら

3日目(2023/9/17)のスタート


3日目は岐阜県恵那市の中央公園からスタートです。
昨晩、この公園でテント野宿しました。
20230917_010.jpg

一晩お世話になった公園に別れを告げます。
20230917_020.jpg

まずは大井宿の本陣跡へ。中山道の46番目の宿場です。
20230917_030.jpg

JR恵那駅に寄ってみる。
20230917_040.jpg

恵那市を抜け、瑞浪市へ。
20230917_050.jpg

殺風景で交通量の多い国道19号は避け、その近くを走る田舎道を走ります。
20230917_060.jpg

JR瑞浪駅へ寄ってみる。
20230917_070.jpg

土岐市へ。
20230917_080.jpg

イオンモール土岐で休憩。さすがに3日目となると疲れがたまってくる・・・
20230917_090.jpg

多治見市へ。
20230917_100.jpg

虎渓山 永保寺へ。
20230917_110.jpg

鎌倉時代(1313年)に開創されたお寺で、庭園は国の名勝に、観音堂や開山堂は国宝に指定されてるんだそうな。
20230917_120.jpg

虎渓山 永保寺、という名前に含まれる、虎。
20230917_130.jpg

そして岐阜県を抜け、愛知県へ。

小学校3年生の2学期まで過ごした街 ~ 高蔵寺ニュータウンへ


今回の旅路のもう1つの目玉、愛知県春日井市にある高蔵寺ニュータウン。
長野県から愛知県名古屋市へ繋がる中山道(国道19号)を走ると、自然と高蔵寺ニュータウンのそばを通ることになるのですが、この街、私が小学校3年生2学期まで過ごした街なのです。もう40年近く前になります・・・

ガキンチョの私にとって、自分の世界は高蔵寺ニュータウンの団地がすべてでした。
子供のころの楽しい思い出の大半は全てこの街と一緒にあったようなもんで、故郷と言えるかもしれない。

ということで今回の旅路、この街を自転車でのんびりゆっくり回って、子供の頃の思い出に浸る楽しみでワクワクが止まりませんでした。

藤山台交番前の交差点


今回の旅路で初めに目に入ってきた見知った思い出の風景は、藤山台交番前の交差点でした。
懐かしさに思わず声が出てしまいます・・・
20230917_140.jpg

子供の頃の思い出だと、この交差点にお寿司屋さんがありました。
週末に家族でお寿司を食べるときは、両親がいつもこのお寿司屋さんでお寿司を買ってました。
残念ながら、お寿司屋さんはもう無くなっちゃってました・・・

岩成台の団地群


私が住んでいたのでは春日井市岩成台の団地、509棟でした。
20230917_150.jpg

509棟の前にある芝生。ここでよく遊びました・・・
20230917_160.jpg

509棟の階段を上がり、住んでいた部屋のドアに立ってみる。当然、今は別の人の表札がかかっており、別人が住んでいます。
子供の頃、家族で過ごした大半の時間がこのドアの向こうに広がっているハズ・・・
住んでいた部屋の前から眺める風景。子供の頃、何度も何度も見た風景。
20230917_170.jpg

団地というクローズドな環境なので、当時は団地のあちこちに友達や顔見知りが住んでいました。
でも、みんな、もういない。成長して、徐々にこの団地から引っ越していったんだと思う。これも時代の流れか。

509棟からちょっと坂を上るとある公園。子供のころ、私も友達も「上の公園」と呼んでいた。たくさんの思い出がよみがえる。
20230917_180.jpg

こちらは509棟からちょと下にいくとある公園。「上の公園」に対し、こちらは「下の公園」と呼んでいた。
広場があり、ボール遊びの定番の公園で、夏休みになると団地中の子供が朝6時半にここに集まり、ラジオ体操をしていました。
20230917_190.jpg

「下の公園」に隣接する小さな雑木林。虫取りの定番となってる木があり、夏休みになると私をはじめ子供がいっぱい虫取りしてました。
時代の流れか、立ち入りも微妙に制限されているようで、虫がいっぱいいた木のスポットももうありませんでした・・・
20230917_200.jpg

しかし、日曜日の昼間にも関わらず、「上の公園」も「下の公園」も、子供が一人もいない・・・
私が子供の頃は、こんなことはあり得なかったはずなんだが、やはりこれもニュータウンの少子高齢化の影響なのか・・・

歩道橋の坂道。友達と一緒に、スケボーで何度も走り降りた坂道。
20230917_210.jpg

小学校


岩成台西小学校。3年生の2学期まで通っていました。今でも校歌を覚えていて、歌えます。
当時、ガキだった自分の世界のすべてはこの小学校生活にあったといっても過言ではないかもしれない・・・
20230917_220.jpg

小学校のグラウンド。友達とドッジボールをしたり、運動会のリレーで走ったり。たくさんの思い出が詰まってます。
20230917_230.jpg

幼稚園に向かうときに毎日渡った歩道橋。
20230917_240.jpg

ショッピングセンター: ユニー&アピタ


アピタ高蔵寺店へ向かいます。高蔵寺ニュータウンに住む人なら誰もが訪れたことがあるであろうショッピングセンターです。
20230917_250.jpg

今はアピタになってますが、私が子供の頃はまだアピタではなく、ユニーでした。家族で週末にお出かけや買い物するなら、ユニーが定番だったんです。
当時は今と違い「ロの字型」のショッピングモールになってて、真ん中に広場があって、いろんなイベントとかやってました。
20230917_260.jpg

アピタのフードコートで昼食。外が暑すぎて消耗が激しく、食欲が無いので冷たいざるそば。
20230917_270.jpg

徒歩でユニーに向かう時にいつも通っていた坂道。上って左には通っていたスイミングスクールがありました。
20230917_280.jpg

アピタから出発しようとすると自転車の後輪がパンクしてたので、アピタの冷房が効いたベンチに座って修理しました。
20230917_290.jpg

幼稚園


小さい頃に通っていた藤山台幼稚園。もう40年くらい前になります。
20230917_300.jpg

幼稚園の頃は工作が好きで、いろんな変身ロボットとか作ってました。
年少と年中のクラスの担任の先生の名前、まだ覚えてます。まだ元気かな?
20230917_310.jpg

ご近所


幼稚園に向かう途中、愛知用水にかかる橋を渡るんですが、そのそばにある草むらです。
子供の頃、父親と妹とここでツクシを取った思い出があります。それを母親が料理してくれました。
20230917_320.jpg

毎朝、幼稚園に向かう子供とその親が集合する歩道橋前。幼馴染の女の子を手をつないで、毎朝ここから幼稚園に向かいました。
この草むら、当時は巨大なバッタがたくさんいて、「キチキチ~」と鳴きながらたくさん飛んでました。
20230917_330.jpg

子供の頃、トーテムポール公園と呼んでいた公園。正式名称は井戸坂公園と言うんだそうな。
20230917_340.jpg

小学校へ向かう通学路。この電話ボックス、当時から変わらず同じ位置にあります。
20230917_350.jpg

仲の良かった何人かの友達、まだ住んでるかな~と思って、いろいろ回ってみました。
団地に住んでた友達はほぼ壊滅でしたが、一軒家に住んでた友達は、表式が残ってる人もいて、「おおッ、まだ家がある!」とちょと興奮してました。
でも、さすがにインターホンを押す勇気はありませんした・・・。みんな元気でやってるかな・・・?

JR高蔵寺駅の北口へ。子供の頃の移動手段は両親が運転する車が大半でしたが、遠出するとなると電車のお世話になりました。
でも、高蔵寺ニュータウンからここまで徒歩だと、ちょと遠い。父親はバスでここまで来て、ここから電車に乗って出社してました。
20230917_360.jpg

JR高蔵寺駅の南口。最後に自転車とお写真を一枚撮り、子供時代の思い出の街、高蔵寺ニュータウンを後にします。
20230917_370.jpg

高蔵寺ニュータウンのサイクリング探検、こんな感じ。
20230917_420.jpg

子供の頃と違って、目線の位置は高くなり、歩幅は広くなり、いろんなものが随分小さく感じました。
子供の頃は自分のすべてだった高蔵寺ニュータウンですが、実は小さい世界で、外にはいろんな世界が広がっている。
そんなことをしみじみと感じました。

また、いつか来るよ~

高蔵寺ニュータウンから10kmほど走り、名古屋市守山区にあるネカフェへ。
今回の自転車旅、最後の晩はテント野宿でなく、ネカフェで一泊することにしました。
20230917_380.jpg

この日は岐阜県恵那市から高蔵寺ニュータウンを経由して名古屋市まで、80kmほど走りました。
20230917_410.jpg

4日目の日記へ
 

自転車で日本一周の旅 (中山道~木曽路~名古屋) 2日目

2023/9/15(金)~9/18(月)の4日間、自転車で長野県塩尻市~愛知県名古屋市まで、中山道沿いや木曽路を走ってきました。
このブログはその2日目(2023/9/16)の旅日記になります。

1日目の日記はこちら

2日目(2023/9/16)のスタート


2日目は長野県木曽郡木曽町にある公園からスタートです。
昨晩、この公園でテント野宿しました。9月は昼間はまだ暑くても、夜になれば熱帯夜も大分マシです。
20230916_010.jpg

一晩お世話になった公園に別れを告げる。虫の鳴き声を聞きながらテント野宿もなかなか風流?なものです。
20230916_020.jpg

「道の駅木曽福島」で休憩~
20230916_030.jpg

見晴らしが素晴らしい~
20230916_040.jpg
20230916_050.jpg

中山道に沿って進みます。このお写真を撮るちょっと前、お猿さんが横断してました。
20230916_060.jpg

「寝覚の床」という観光地の標識が出てたので寄ってみることに。
20230916_070.jpg

「寝覚の床」は山道の景勝地として、また木曽路のランドマークとして親しまれてきた奇勝なんだそうな。
20230916_080.jpg

日本五大名峡の一つに数えられ、国の名勝にも指定されているんだそうな。
20230916_090.jpg

長野県木曽郡の大桑村へ。
20230916_100.jpg

須原宿へ。中山道39番目の宿場です。
20230916_110.jpg

「道の駅 大桑」で休憩~
20230916_120.jpg

のんびりご当地物産を眺めます。
20230916_130.jpg

野尻宿へ。中山道40番目の宿場です。
20230916_140.jpg

桃介橋の下をくぐります。
20230916_150.jpg

妻籠宿へ。中山道42番目の宿場です。
20230916_160.jpg

妻籠宿は1976年に日本で初めて重要伝統的建造物保存地区に選ばれたんだそうな。
20230916_170.jpg

妻籠宿は8kmほど離れた馬籠宿と合わせて、木曽路を代表する観光名所になっています。
20230916_180.jpg

妻籠宿と馬籠宿を結ぶ約8kmのハイキングコースは世界的な観光ガイドブックでも紹介されてて、海外でも有名な観光地になってます。
ということで、外国人の観光客が非常に多いのが特徴です。たぶん日本人より多いw
20230916_190.jpg

妻籠宿を後にし、馬籠宿へ向かいます。
こちらはハイキングコースの入口。さすがに自転車ではキツいので、アスファルトの県道7号を登ります。
20230916_210.jpg

妻籠宿から馬籠宿へ向かうには馬籠峠を越えねばなりません。
9月といっても昼間は真夏日で灼熱。自転車から降りて押して歩き、急勾配を5~6kmほど登ります・・・

なんとか馬籠峠の頂上に到着。
この向かいに「峠の茶屋」があり、アイスクリームとコーラを頂きました。マジ生き返る・・・
20230916_230.jpg

馬籠峠は県境になっています。長野県を抜け、岐阜県の中津川市へ。
20230916_240.jpg

馬籠峠から一気に下り坂を走り、馬籠宿へ。
20230916_250.jpg

馬籠宿は中山道43番目の宿場で、木曽11宿の一番南の宿場町だそうな。
石畳が敷かれた坂がずっと続いていて、坂の両側に軒を連ねるカフェやおみやげ屋さんがあります。
20230916_260.jpg

観光客がひしめく石畳の坂道を、一人だけ自転車を押しながら降りてきました。明らかに場違いなヘルメット姿の私・・・
20230916_270.jpg

馬籠宿を後にし、さらに南下していきます。そろそろ木曽路も終点です。
20230916_280.jpg

「是より北 木曽路の碑」がありました。
20230916_290.jpg

昨日の「是より南 木曽路の碑」と合わせて、木曽路を北から南へ縦断達成~
20230916_300.jpg

木曽路を抜け、中津川市の市街へ出てきました。
中山道44番目の宿場、落合宿へ。
20230916_310.jpg

JR中津川駅へ。その街の雰囲気を知るには駅前の市街地を走ってみるのが一番です。
20230916_320.jpg

中山道45番目の宿場、中津川宿へ。
20230916_330.jpg

中津川市を抜け、恵那市へ。
20230916_340.jpg

MEGAドン・キホーテUNY 恵那店で休憩。大きなショッピングセンターで、深夜0時までオープンしてるようです。
ここで夕食も取りました。昼間の酷暑の中の長距離サイクリングが胃に来て、食欲が無い・・・
20230916_350.jpg

中央公園にテントを張って就寝~
この日は長野県の福島宿から岐阜県の恵那市まで、82kmほど走りました。
20230916_360.jpg

3日目の日記へ
 

自転車で日本一周の旅 (中山道~木曽路~名古屋) 1日目

2023/9/15(金)~9/18(月)の4日間、自転車で長野県塩尻市~愛知県名古屋市まで、中山道沿いや木曽路を走ってきました。
20230915_130.jpg


これまでの自転車旅(日本一周)の経路


これまで長期休暇を何回か使って、小分けにして自転車で日本一周を目指してきました。経路はこちら。


20220428_005.jpg

日本一周とは別に、以下の場所へも自転車で旅をしてます。


今回の自転車旅の経緯


8月お盆時期の夏季休暇、残念ながら台風直撃と酷暑のダブルパンチで自転車旅を見送ってました。
ということで、9月の連休は是が非でも自転車旅に出たいと思っていたのです。お盆より涼しくなってるはずだし。

今回は9/15(金)に休暇を取り、9/16(土)からの3連休にくっつけて4連休にし、のんびり自転車旅に出ることにしました。
どこ行こうかな~といろいろ考えていたんですが、今回は長野県塩尻市~愛知県名古屋市まで、中山道沿いの宿場町や木曽路を走ってみることにしました。
このコースはずっと走ってみたいと思ってた候補の1つだったんですが、2023年7月14日放送の「ドキュメント72時間 初夏の木曽路をゆく」を見てから、じゃあ今年の夏に走ってみよう、と思ったのです。
20230915_000.jpg

もう1つ、このルートには強い思いがあります。
小学校3年生まで愛知県春日井市にある高蔵寺ニュータウンという街に住んでたんですが、今回のルートはこの街を通るんです。
もう40年近くも前ですが、当時子供だった私にって、世界のすべてがこの街といっても過言ではなかったんですよね。
そんなわけで、ワクワクが止まりませんでした。

1日目(2023/9/15)のスタート


深夜3時に起床し、自宅のある東京都品川区から長野県塩尻市のJR塩尻駅まで、始発の鈍行を乗り継いで向かいます。
ほんとは特急電車で行きたかったのですが、前日に予約しようとしたら、まさかの満席・・・
しかも9/15は早朝から京浜東北線と山手線が事故で止まっており、品川駅でずいぶん待たされました・・・

なんとかJR塩尻駅に到着し、輪行袋から自転車を出して組み立て、出発です。
20230915_010.jpg

長野県塩尻市には2018/11/5の自転車旅で訪れたことがあります。塩尻峠、なかなか上がるの大変だったんですよね・・・
あの日の旅もよく覚えています。

まずはJR塩尻駅から1kmほど離れたところにある平出遺跡へ。
20230915_020.jpg

平出遺跡は日本三大遺跡に数えられる大きな遺跡です。
平出遺跡に人々が生活していた時期は、縄文時代から平安時代にまでおよぶんだそうな。
中にも入ることができます。
20230915_030.jpg

さっそく中山道に沿って進んでいきます。
中山道は江戸時代に整備された五街道の1つで、江戸の日本橋と京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道です。
67箇所の宿場が置かれています。

さっそく中山道の宿場町の1つ、洗馬宿へ。日本橋から31番目の宿場町だったんだそうな。
20230915_040.jpg

中山道沿いにある萬年家さんで昼食。
20230915_050.jpg

本山宿へ。日本橋から32番目の宿場町だそうな。
20230915_060.jpg

国道19号から分岐する旧中山道を進むと、「是より南 木曽路」の標識が。
20230915_070.jpg

「是より南 木曽路」の碑もありました。
20230915_080.jpg

中山道33番目の宿場、贄川宿へ。
20230915_090.jpg

贄川駅でトイレ休憩。しかし暑い・・・。日焼け止めクリームを塗りました。
20230915_100.jpg

「道の駅 木曽ならかわ」で休憩~
20230915_110.jpg

ゆっくりご当地物産を眺めます。たくさんの漆器がありました。
20230915_120.jpg

中山道 奈良井宿へ。
20230915_130.jpg

奈良井宿は中山道34番目の宿場です。かつて中山道における木曽路一番の賑わいをみせた宿場町なんだそうな。
20230915_140.jpg

現在は重要伝統的建造物群保存地区として、繁栄した当時の町並みが保存されているんだそうな。
20230915_150.jpg

難所の鳥居峠を控え、多くの旅人で栄えた宿場町は「奈良井千軒」といわれたんだそうな。
20230915_160.jpg

「道の駅 木曽川源流の里きそむら」で休憩~
20230915_170.jpg

のんびり物産を眺めて外に出ると、雨が・・・
雨雲レーダーを見ると、近場が極地豪雨状態でした。20分ほどすると止んだので出発です。
20230915_180.jpg

義仲館へ。
20230915_190.jpg

義仲館は、木曽町にゆかりを持つ木曽義仲公や巴御前の存在を後世に継承することを目的に平成4年(1992年)に開館した資料館だそうな。
20230915_200.jpg

去年のNHK大河ドラマ、「鎌倉殿の13人」でも青木崇高さんが木曽義仲を演じられてましたね。
これまでの自転車旅でも木曽義仲に関する地を訪れたことがあるのでなじみ深いです。

2018/7/15には「道の駅 倶利伽羅源平の郷」を訪れました。木曽義仲が「火牛の計」の奇襲で平氏を破った倶利伽羅峠の合戦で有名な場所です。
去年2022/8/11には琵琶湖の湖畔にある義仲寺を訪れました。源義仲が源頼朝軍と戦い、討ち死にした地にあります。
20230915_210.jpg

宮ノ越宿へ。中山道36番目の宿場で、木曽義仲が育った地として知られる宿場だそうな。
20230915_220.jpg

「道の駅 日義木曽駒高原」で休憩~
20230915_230.jpg

のんびりご当地物産を眺めます。
20230915_240.jpg

中山道37番目の宿場、福島宿へ。
日本4大関所の一つである福島関所が設けられ、江戸時代は幕府にとっても重要な検問所だったんだそうな。
20230915_250.jpg

福島宿は木曽路の中間地点にあるというだけでなく、江戸と京都のちょうど真ん中に位置してるんだそうな。
この辺は「上の段」と呼ばれる古い宿場町の雰囲気が残る地区なんだそうな。
20230915_260.jpg

福島宿は1927年の大火事で大部分が消失したため、古い建物が残されているのは「上の段」の付近だけなんだそうな。
20230915_270.jpg

福島宿にある「街道浪漫 おん宿 蔦屋」へ。
20230915_280.jpg

日帰り入浴ができます。今日はこの地で一泊するため、湯に浸かって一日の疲れを癒します。
20230915_290.jpg

木曽川親水公園。足湯があります。
20230915_300.jpg

イオン 木曽福島店で休憩~
ここで一杯やり、お惣菜で夕食。暑すぎて体力消耗しており、軽めのものしか胃が受け付けない・・・
20230915_310.jpg

イオンのすぐ近くにある中島公園にテントを張って就寝~
この日は長野県のJR塩尻駅から木曽町にある福島宿まで、ちょうど50kmほど走りました。
20230915_320.jpg

2日目の日記へ
 

-->