FC2ブログ

makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

「Developers Summit 2020」に参加しました

2020/2/14(金) 「Developers Summit 2020」に参加してきました。

公式サイト
https://event.shoeisha.jp/devsumi/20200213/timetable#day02

20200214_010.jpg

1日目(2/13)は仕事の都合で参加できなかったけど、なんとか2日目(2/14)は参加することができました。
気になったセッションをメモ。

【14-C-1】 レガシーコードからの脱却


セッション: https://event.shoeisha.jp/devsumi/20200213/session/2399/




みんなでアジャイル、という本を翻訳した。
どうやって全員でアジャイルになるの?という本。

レガシーコードからの脱却
レガシーコードからの脱却 ―ソフトウェアの寿命を延ばし価値を高める9つのプラクティス
David Scott Bernstein
オライリージャパン
売り上げランキング: 1,611


「レガシコード」ってタイトルにつけると売れるらしい
レガシコードっていろんな定義がある
レガシーソフトウェア改善ガイドによる定義 → 保守または拡張が困難なコード
これはみなさんのイメージに近いかな

議論のときは、まず共通認識は何かを確認するとよい
このセッションでは、レガシーコードの定義を
「理由は問わず、修正、拡張、作業が難しいコード」とする。

ソフトウェアと変更の切り口で考えてみた

使われるソフトウェアは変更が必要になる
変更を先にすべて予測するのは無理
変えたくなったら変えられるように作ろう、という割り切り
その反対がレガシーコード
すぐ治せる技術スキルが必要
変更のコストを下げたい

時間の使い方に問題があるケースが多い
80%のコストが障害対応に使ってる
強烈に無駄

理由
・急ぎすぎている
・たくさん作ろうとしすぎている
・etc


レガシコードを作ったら負け。最初から作らないようにする。
どうすればいいかというと、開発プロセスに着目する

開発のやりかただけに着目しがち
作り出す成果が何よりも大事
何によって決まるかと言うと、コードの綺麗さだけじゃ決まらない

問題設定力 ・・・ その問題って本当にお客さんが抱えているんでしたっけ
×
開発力
×
チーム力

アジャイルで、スクラムだけで技術的には何もやらない、はない
XPやデザイン思考などと組み合わせる

レガシコードを作らない9つのプラクティス
1.やり方より先に目的、理由、誰のためかを伝える
2.小さなバッチで作る
3.継続的に統合する
 アジャイルマニフェストでもいってる
4.協力しあう
 心理的安全性のもとに
5.CLEANコードを作る
 それぞれの頭文字
6.まずテストを書く
7.テストでふるまいを例示する BDDみたいなの
8.設計は最後で行う
9.レガシーコードをリファクタリングする

人間が覚えられる個数は7プラスマイナス2くらい
スクラムとXPからプラクティスを抽出している。

1.やり方より先に目的、理由、誰のためかを伝える
役割の違い
 ・POの責任
 ・開発チームの責任
役割が違う
明確に分断をしている

whatとhowを分離している
POの領域は、何をほしいか、なぜほしいか(What)
やりかたは開発者の領域(How)
物事のやりかたは1つでないく、やり方ごとにトレードオフがある
howを指示されるとコードが手続型になる
オブジェクト指向にならなくなる
作るうえで重要なのはコンテキストを共有・理解すること

ユーザーストーリー
何が、なんのために、誰のために、存在するかを一文で表したもの
仕様書じゃなくて、機能について会話できるレベル
会話によってしか共通理解は成り立たない
ユーザーストーリーをベースにお互い会話する
知識はドキュメントでなくコード(テスト含む)にまとめるべき
ストーリーがシンプルで1つのことを語ってると、テスト可能になる
ハッピーパスを一本通せばよい
動くようになってから足していけばいい
最初から良い設計って見えない
やりながら見えてくる
すこしずつ積み重ねて設計を見直していく

2.小さなバッチで作る
どかんとウォーターフォールでやると、結合試験でいろんな問題でる
リリースしてから、こんなの頼んでない、となる

鉄の三角形
ウォーターフォールはQCDSを全部固定しようとする
同時に約束できるのは2つまで、と言われている
Qは通常変えないほうがいい
Qを調整すると、後から辛い目にあう
品質はいじれない
元の品質が低すぎると、リリーススプリントでテスト、で間に合わない。高リスク

コストを調整する、というのは人を増やすこと
人を増やしてもコミュニケーションコストが増える
オーバーヘッドになりリニアに生産性は増えない
「遅れているプロジェクトに人を足すとさらに遅れる」


時間を調整してもよいが、多くのビジネスでは時間が重要
一番調整すべきなのはスコープ
およそ半分の時間はほとんど使われない
使われないものを作るのをやめよう、というのが一番合理的
大事なものから順番にやっていこう

スコープ調整しながらするとき、タイムボックスによるアプローチをする
同じ時間区切って、延々と繰り返す
固定のリズムの中で仕事する
1週間でやるのがお気に入り
小さくやるので設計量も開発量もすくない、バグもすくない
ウォーターフォールだと、最初の計画は大嘘になる
アジャイルは、短いイテレーションで小さな嘘をつく
軌道修正しやすい

同じリズムを刻むことで負担を少なくして、異常に気付く
ペースメーカーがあると、すごい気づく

1サイクルを長くするほど、リソース効率を目指しやすい
同時に手を付けるものが増える
タスクの切り替えが増えて集中力が落ちる
分担したほうが効率的、という幻想のもと、分担してしまう

サイクルを短くすると、プロセス効率があがる
1個ずつやっていくしかない


モブプログラミング=究極の1個流し
進捗90%ばかり複数ならんで、どれも終わってない、となりがちだが、
1個流しだと、完成したものが1個ずつ確実にでてくる
多少おそくなっても、1個ずつ出してお金を稼げたほうがビジネスにとっては幸せ

ソフトウェアの評価は、顧客にとって価値あるものにもとづいて評価すべき
完成して初めて価値になる
価値実現までの時間が短すぎるのもだめ
全体として出荷できるものを作る
効率より効果★
効果が出てから効率を求める

フィードバックをたくさんうけたほうが当たる確率が当たる
小さなバッチでフィードバック回数を上げる
継続的にお客さんやPOに見てもらう
フィードバックを受け入れないと意味が無い

5.CLEANコードを作る
品質は最初から作りこむしかない
検査で品質は上がらない

良くないコードの例はたくさんあるので、全部避けるのは難しい
→ 模範になるパターンを覚える
→ CLEANコード

Cohesive (凝集性)
1つの部品は1つの責任に集中する
1つのことをやってればはっきりした名前を付けられる
データってついたクラスや、チェックってついたメソッドは怪しい

Loosely Coupled (疎結合)
オブジェクト間の関係を明確な意図をもった状態に保つ
あとで差し替え可能にする。サービスを直接呼ばない

Encapsulated (カプセル化)
中を隠す
呼び出し側の観点で機能を作る

Assertive (断定的)
フィールドを持つなら、それを管理する挙動も持つ

Non Redundant (非冗長)
dry原則

テストのしやすさと設計のよさは相関関係がある
テストコードが書きにくいなら設計がよくない

早くテストしてバグを直さないと、後から見つけて直すとと640倍のコストがかかる
バグを作りこんでからの経過時間が長いほど、修正コストはかかる

明日のベロシティのために今日品質を上げる
速度って焦ってやっても早くならない
日々の積み重ねによってしか実現できない

素早く働く=綺麗に働く
散らかしながら進むのではない
繁盛しているお店ほど綺麗

これって5Sだった
整理、整頓、清掃、清潔、躾

テクニカルいくらがんばっても5Sができないと上手くいかない

まとめ
コーはド変更できるように書くべき
目的、理由、誰のため、を伝える。
小さく分けて意味のあるものからやる
小さなバッチでみんなで協力
テストコードも含めてCLEANを維持
継続して見直し。最初から完璧は無理。

【14-D-2】 エンプラアジャイル導入の守破離


セッション: https://event.shoeisha.jp/devsumi/20200213/session/2408/




【14-E-4】 アジャイル開発の原則を守りつつ、マルチサイト開発を行なう! ~ベトナムのメンバーとともにつくる~


セッション: https://event.shoeisha.jp/devsumi/20200213/session/2418/
アジャイル開発の原則を守りつつ、マルチサイト開発を行なう! from Arata Fujimura

自転車で山梨から伊豆への旅 4日目

2020/2/8(土)~2/11(火)の4日間、山梨県の河口湖から伊豆の下田まで、自転車で旅してきました。
このブログはその4日目(2020/2/11)の旅日記になります。

1日目の日記はこちら
http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

4日目(2020/2/11)のスタート


4日目は静岡県の修善寺温泉街からほど近い「さくら堤公園」からスタートです。
20200211_010.jpg

2日目の夜にネカフェで読んだ「ゆるキャン△」 8~9巻で、なでしこ達が鳥羽先生の車に乗って伊豆キャンに向かった国道414号をメインに、下田へ向かいます~

「道の駅 伊豆月ケ瀬」でトイレ休憩~
20200211_020.jpg

天城峠を上っていきます。
20200211_030.jpg

天城峠の途中にある伊豆の観光名所、「浄蓮の滝」で休憩~
20200211_040.jpg

浄蓮の滝 伊豆の踊り子像。
20200211_050.jpg

浄蓮の滝は狩野川にある高さ25mの滝で、地元の女郎蜘蛛に関する伝説にも登場するそうな。
日本の滝百選の一つでもあるそうな。
20200211_060.jpg

天城峠の頂上近くにある「道の駅 天城越え」で休憩~
20200211_070.jpg

わさびで有名なんだそうな。
ゆるキャン△ 8~9巻で、なでしこ達一行が下田に行く前に立ち寄った場所でもあります。
20200211_080.jpg

20200211_085.jpg

わさびソフト。わさびは注文してからすりおろして、ソフトクリームの側面に付けてくれますw
20200211_090.jpg
20200211_095.jpg

天城峠の頂上には、長さ800mの新天城トンネル。
20200211_100.jpg

新天城トンネルを抜けると河津町です。
20200211_110.jpg

国道414号に沿って南下し、河津七滝ループ橋へ。
20200211_120.jpg

ゆるキャン△ 8~9巻で、なでしこ達一行が下田に行く時に通った場所で、伊豆の観光名所の1つです。
下る側なので助かった・・・・上りだとかなり傾斜が辛そう・・・
20200211_130.jpg
20200211_135.jpg

河津町ではちょうど昨日から河津桜まつりが開催されています。綺麗~
20200211_140.jpg

河津桜は1月下旬から2月にかけて開花する早咲き桜だそうな。
ゆるキャン8~9巻で渋滞に巻き込まれた原因w
20200211_150.jpg

20200211_155.jpg

河津駅前。河津桜まつりの観光客で混んでます。
20200211_160.jpg

河津駅からちょっと進むと海が見えてきます。
20200211_170.jpg

海沿いの国道135号を南下し、尾ヶ崎ウイングで休憩。
伊豆半島の外周は高低差が大きく、サイクリストにとって厳しいコースとして知られていますが、ほんと坂が多くてキツい・・・
20200211_180.jpg

白浜神社へ。伊古奈比咩命神社とも言うそうな。
20200211_190.jpg

伊豆最古の神社なんだそうな。こちらは拝殿。
20200211_200.jpg

参道を登ると、「これより御本殿聖域」と書かれた立札があります。
20200211_210.jpg

参道を上がったところに本殿があります。
20200211_220.jpg

白浜大浜海水浴場。砂浜が綺麗です。
20200211_230.jpg

まどが浜海遊公園へ。
20200211_240.jpg

ゆるキャン△の8~9巻で、リンちゃんが訪れた場所です。
20200211_250.jpg
20200211_255.jpg

海遊の足湯。
20200211_260.jpg
20200211_265.jpg

毘沙子島。
20200211_270.jpg
20200211_275.jpg

黒船?
20200211_280.jpg
20200211_285.jpg

「道の駅 開国下田みなと」へ。
20200211_290.jpg

道の駅内にあるRa-maru。
ゆるキャン△ 8~9巻で、なでしこ達が金目鯛バーガーを食べる場所です。
下田バーガーのことなんですね。
20200211_300.jpg
20200211_305.jpg

ペリーロードヘ。
ペリー艦隊が下田に上陸し、300人の部下を引き連れ了仙寺まで行進した約400メートルの道だそうな。
20200211_310.jpg

今回の旅の終着点、伊豆急下田駅へ。
駅前にある黒船 サスケハナ号。
20200211_320.jpg

自転車を輪行袋に詰め、伊豆急下田駅前から輪行で帰ります~
20200211_330.jpg

最終日は56kmほど走りました。
20200211_340.jpg

まとめ


山梨県の河口湖から出発し、静岡県伊豆半島にある下田まで、とっても楽しい旅でした。
真冬で寒いけど、防寒対策をすれば道中もテント野宿もなんとかなりますね。

今回のルートはこんな感じ。
1日目: 17km
2日目: 81km
3日目: 43km
4日目: 56km
---
合計: 197km
20200211_350.jpg

花粉症シーズンに突入してしまったので、しばらく自転車旅はお預けです。
ゴールデンウィークになったら、また自転車旅を再開したいと思います。
今度はどこへ行こうかな~

自転車で山梨から伊豆への旅 3日目

2020/2/8(土)~2/11(火)の4日間、山梨県の河口湖から伊豆の下田まで、自転車で旅してきました。
このブログはその3日目(2020/2/10)の旅日記になります。

1日目の日記はこちら
http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

3日目(2020/2/10)のスタート


3日目は静岡県三島市のネットカフェからスタートです。
昨晩読んだ「ゆるキャン△」の8~9巻、伊豆キャンプがテーマだったので、今日明日は伊豆へ向かいます~
20200210_010.jpg

ネカフェのすぐ近くにある柿田川公園へ。
国指定天然記念物の柿田川を眺めながら散策できる遊歩道がある、大きな公園です。
20200210_020.jpg

梅?桜?
綺麗~
20200210_030.jpg

柿田川公園内の第1・第2展望台からは、年中変わることなく水が湧き出る「わき間」を見ることができます。
20200210_040.jpg

三島市から国道136号に沿って南下し、伊豆の国市へ。
20200210_050.jpg

世界遺産、韮山反射炉へ。
20200210_060.jpg

日本に現存する近世の反射炉は、この韮山反射炉と萩反射炉(山口県萩市)のみなんだそうな。
ちなみに萩反射炉は去年のゴールデンウィーク、5/4に自転車旅で行きました。
20200210_070.jpg

伊豆市へ。
20200210_080.jpg

伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリアへ。
20200210_090.jpg

伊豆半島を紹介するミュージアムで、伊豆半島の生い立ちを紹介するシアターや展示が充実しています。
伊豆半島、火山からできた島が本州に合流してできたんだそうな。知らなかった。
20200210_100.jpg

伊豆の有名な観光名所、修善寺へ。
20200210_110.jpg

修善寺は大同2年(807年)に弘法大師に依って開創された、歴史ある仏教寺院だそうな。
20200210_120.jpg

今回の旅の交通安全祈願をしました。
20200210_130.jpg

修善寺のあたりは温泉街になってます。
手前の赤い橋が虎渓橋で、川の真ん中に見えてるのが独鈷の湯。
20200210_140.jpg

独鈷の湯のすぐ傍に河原湯があります。足湯ですね。
20200210_150.jpg

修善寺のすぐ近くにある日枝神社へ。
20200210_160.jpg

こちらは拝殿。
日枝神社の境内は源範頼が幽閉されていた信功院があった場所でもあるそうな。
20200210_170.jpg

日枝神社の境内にある、子宝の杉。夫婦杉とも呼ばれるそうな。
樹齢800年以上だそうで、根元が一つになっていて、子宝祈願の神社としても有名なんだそうな。
20200210_165.jpg

指月殿へ。
修善寺で暗殺された源頼家の冥福を祈って母・北条政子が修禅寺に寄進した経堂で、伊豆最古の木造建築物なんだそうな。
20200210_180.jpg

源頼家のお墓。鎌倉幕府の2代将軍です。
20200210_190.jpg

竹林の小径へ。
20200210_200.jpg

修善寺温泉街に流れる桂川に沿った竹林の散策道だそうな。
20200210_210.jpg

修善寺梅林へ。
20200210_220.jpg

20種1000本の紅白梅が植えらているんだそうな。
ちょうど「梅まつり」が開催中でしたが、まだ四分咲きくらいだそうで、満開が待ち遠しい。
20200210_230.jpg

修善寺 虹の郷へ。
園内にはイギリス村、カナダ村などのテーマで施設および庭園が設けられていて、テーマパークになってるそうな。
修善寺梅林の近くにあったので自転車で寄っただけで、中には入らず。。
20200210_240.jpg

来た道を3kmほど戻り、修善寺駅へ。
近くのショッピングセンターで昼食を取り、しばし休憩~
20200210_250.jpg

伊豆まで南下するとやっぱ温暖で、一気に花粉症が来ました・・・
薬を持ってきてなかったので薬局で購入。。。
20200210_260.jpg

修善寺温泉街にある有名な温泉、筥湯へ。
鎌倉幕府二代将軍源頼家が入浴していたという伝説の温泉を元に、再建された温泉なんだそうな。
シンプルな温泉ですが、ゆったり浸かって疲れを癒します。
20200210_270.jpg

入浴後、修善寺駅の方に戻って明るいうちから一杯やり、読書したりしながらのんびり~
さくら堤公園にテントを張って就寝~
20200210_280.jpg

この日は42kmほど走りました。
20200210_290.jpg

4日目の日記へ
 

自転車で山梨から伊豆への旅 2日目

2020/2/8(土)~2/11(火)の4日間、山梨県の河口湖から伊豆の下田まで、自転車で旅してきました。
このブログはその2日目(2020/2/9)の旅日記になります。

1日目の日記はこちら
http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

2日目(2020/2/9)のスタート


2日目は山梨県富士吉田市の「道の駅富士吉田」からスタートです。
今朝の予想気温、-4℃だったそうな。冬用寝袋でも寒かった・・・
20200209_010.jpg

いいお天気~。雪積もってるけど・・・
20200209_020.jpg

道の駅に、ゆるキャン△
20200209_030.jpg

富士宮市を抜け、山中湖村へ
20200209_040.jpg

国道138号沿いにある山中諏訪神社へ。
古来から縁結・子授・子宝・安産・子育の御利益があると全国でも有名な神社だそうな。
20200209_050.jpg

山中諏訪神社から国道138号にかかる橋を渡ると山中浅間神社があります。
お賽銭を入れ、今回の旅の交通安全祈願をしました。
20200209_060.jpg

富士五湖の一つ、山中湖へ。
20200209_070.jpg

去年2/23の旅と合わせ、これで富士五湖を制覇~
20200209_075.jpg

湖岸に大きな白鳥がいっぱい。
20200209_080.jpg

山中湖の周りはサイクリングロードになってて、気持ちよく走れます。

山中湖の北東にある、みさきキャンプ場。
20200209_090.jpg

「ゆるキャン△」第6巻に登場する山中湖沿いのキャンプ場でもあるそうな。
20200209_095.jpg

山中湖に隣接する「山中湖交流プラザ きらら」で雪まつりやってました。でも、暖冬で雪が少ない・・・
20200209_100.jpg

山中湖の南端にある「森の駅 旭日丘」で休憩~
20200209_110.jpg

道の駅っぽいバスターミナルです。
山中湖沿いの国道で「水陸両用バスKABA」という珍しいバスをよく見かけたんだけど、ここから出発してるっぽいです。
20200209_120.jpg

山中湖から国道138号に沿って南下し、標高1104mの籠坂峠を上ります。
20200209_130.jpg

籠坂峠の頂上を超え、山梨県を抜け静岡県の小山町へ。
20200209_140.jpg

「道の駅 すばしり」で休憩~
20200209_150.jpg

東口本宮冨士浅間神社へ。
20200209_160.jpg

富士山の構成資産の一つとして、世界文化遺産に登録されているんだそうな。
ちなみに昨日訪れたのは北口本宮冨士浅間神社だったけど、今日は東口本宮冨士浅間神社。
20200209_170.jpg

静岡県の御殿場市へ。
20200209_180.jpg

御殿場プレミアム・アウトレットへ。
日本国内最大規模のアウトレットモールで、御殿場市の観光拠点No.1だそうな。
20200209_190.jpg

ブランドショップが多数立ち並ぶオシャレな場で、ゴツい俺にとっては場違い・・・
20200209_200.jpg

秩父宮記念公園へ。
20200209_210.jpg

秩父宮雍仁親王・勢津子妃が過ごした元別邸を整備、公開した公園だそうな。
この日は無料開放日でした。
20200209_220.jpg

秩父宮記念公園のお隣にある富士平和公園へ。
20200209_230.jpg

富士平和公園にある平和の鐘から、富士山が綺麗に見えます。
20200209_240.jpg

富士平和公園にある富士仏舎利塔。インド仏教建築の建物で、大きな仏像があります。
20200209_250.jpg

御殿場駅。
20200209_260.jpg

御殿場市の観光名所の1つ、駒門風穴へ。
20200209_270.jpg

駒門風穴は富士山の火山活動で形成された風穴で、国の天然記念物に指定されているんだそうな。
20200209_280.jpg

内部はこんな感じで、中を回ることができます。
本穴と枝穴に分かれ、本穴は長さ291m、枝穴は110mもあるんだそうな。
20200209_290.jpg

御殿場市を抜け、裾野市へ。
20200209_300.jpg

三島市にある三嶋大社へ。
20200209_310.jpg

三嶋大社は本殿・幣殿・拝殿が国の重要文化財に、キンモクセイが国の天然記念物に指定されているんだそうな。
20200209_320.jpg

今回の自転車旅の交通安全祈願をしました。。
20200209_330.jpg

三嶋大社から西へ500mくらい行くと源兵衛川があります。
20200209_340.jpg

三島の街は「水の都」と呼ばれ、富士山の湧き水に潤う街だそうで、なかでも市街の中心を流れる源兵衛川は、豊かな自然を再生した川として街のシンボルになっているそうな。

今日のお宿、ネットカフェ。
ゆるキャン△を読んでたら、8~9巻のキャンプ地が伊豆で、今回の旅先と一致!
これは伊豆キャンの聖地巡りをするっきゃないね。
20200209_350.jpg

この日は80kmほど走りました。
20200209_360.jpg

3日目の日記へ
 

自転車で山梨から伊豆への旅 1日目

2020/2/8(土)~2/11(火)の4日間、山梨県の河口湖から静岡県の伊豆・下田まで、自転車で旅してきました。
20200211_140.jpg


これまでの自転車旅(日本一周)の経路


これまで長期休暇を何回か使って、小分けにして自転車で日本一周を目指してきました。経路はこちら。


20190814_310.jpg

日本一周とは別に、以下の場所へも自転車で旅をしてます。


今回の自転車旅の経緯


2/12(火)が建国記念日で休日なので、2/11(月)に有給休暇を取って、4連休にしてやったのでした。
花粉症シーズンが始まる前の最後の連休ということで、年末以来の自転車旅に出ることにしました。
東京から比較的近く、行ったことがない場所ということで、今回は伊豆へ行ってみることにしました。
スタート地点は山梨県の富士五湖の1つ、河口湖にしました。去年、自転車で行った場所なので、そっから再開ということに。

1日目(2020/2/8)のスタート


朝はゆっくり起床して、のんびり鈍行を乗り継いで、輪行で山梨県の河口湖駅までやってきました。
到着は14時過ぎ。
20200208_010.jpg

河口湖駅は去年の富士山の日(2/23)に自転車で訪れた地なのです。
今回はここから旅を再開していきます。

河口湖駅から500mほど北上すると、河口湖があります。富士五湖の1つ。
20200208_020.jpg

富士吉田市は標高が高く、雪が一部積もっています。

河口湖の隣に、富士山パノラマロープウェイがあります。
20200208_030.jpg

へやキャンの第5話「真説・カチカチ山」の舞台ですね。
20200208_040.jpg
20200208_041.jpg

河口湖大橋へ。富士山も見えますね。
へやキャンの第3話「激走!河口湖ラリー」にも登場しました。
20200208_050.jpg
20200208_051.jpg


山梨県立 富士山世界遺産センターへ。
へやキャンの第2話「ふじさんがたくさん」にも登場しました。
20200208_060.jpg
20200208_061.jpg

入館無料なのはありがたい。でも、閉館時間ギリギリだったのでゆっくり見ることはできませんでした・・・
へやキャンにも登場した富士山のモニュメント。
20200208_070.jpg
20200208_071.jpg

北口本宮冨士浅間神社へ。
20200208_080.jpg

北口本宮冨士浅間神社は、「富士山域」の一部として世界文化遺産に登録されている神社なんだそうな。
お賽銭を入れ、今回の旅の交通安全祈願をしました。
20200208_090.jpg

「富士山溶岩の湯 泉水」へ。温泉にゆっくり浸かり、疲れを癒します。
20200208_100.jpg

湯上りに一杯やりつつ、スマホでバスケB.LEAGUEの試合を観戦~
持ってきた小説を読んだり、21時くらいまで温泉の休憩所でまったり。
夕食を食べてる最中に窓の外が吹雪になってビビる・・・

「道の駅富士吉田」にテントを張って、就寝~
20200208_110.jpg

この日は17kmほど走りました。出発が遅かったので距離は短め。
20200208_120.jpg

2日目の日記へ
 

-->