makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

「JS Board Shibuya #7 もくもく会」に参加しました

2016/1/28(木) 「JS Board Shibuya #7 もくもく会」に参加してきました。

connpass
http://jsbshibuya.connpass.com/event/24947/

場所は新宿のさくらインターネットさんです。
参加者は10人くらいかな?

私は前回のRaspberry Pi特集の時以来の参加です。そんときのブログはこちら。
「JS Board Shibuya #4 Raspberry Pi入門」に参加しました

せっかく買ったラズパイ、自宅にいると中々重い腰が上がらないので、こーゆう場があるのは良いですね。
今回はいろいろ設定したり、書籍に沿ってLチカやったりして遊びました。

↑で言う書籍とは、2014年のXP祭りで貰ったコレ。



Lチカ。ブレッドボードに発行ダイオードとΩ抵抗を接続して、ちょっとした機械いじりを楽しみます。



スマホからVNCでラズパイにリモートアクセスして操作できるようにしました。
20160128_jsboard1.jpg

もちろんPCからもラズパイにリモートアクセスできます。
リモートで繋げば、ラズパイにディスプレイ、マウス、キーボードなどを接続することは不要になります。

そんなこんなで22時過ぎまで機械いじりを楽しんでました。

次回もこーゆう会があると、重い腰が上がるので良いですね。
ラズパイ用の新しい書籍も買いたいなぁ。

関係者の皆様、ありがとーございました。
スポンサーサイト

「Java読書会 "Java EE 7徹底入門" を読む会」に参加しました

2016/1/23(土) 「Java読書会 "Java EE 7徹底入門" を読む会」に参加してきました。

Java読書会のサイト
http://www.javareading.com/bof/

読書会(Java EE 7徹底入門)第1回議事録
http://www.javareading.com/bof/java_ee7_1.html

場所は川崎市教育文化会館です。
私が住む最寄り駅のJR大森駅からJR川崎駅まで2駅で、個人的にはアクセスしやすい立地です。

参加者は16人かな。
新しい本になると初回はいつも参加者が多めになります。静岡から早朝鈍行で参加されてた猛者も・・・

私が初参加したのは2013年の10月で、そっから常連になりましたが、あれからもう2年以上経ちます。

前回で「Javaパフォーマンス」を読みきったので、年が変わって1月から新しい書籍を読みます。

Java EE 7徹底入門 標準Javaフレームワークによる高信頼性Webシステムの構築
寺田 佳央 猪瀬 淳 加藤田 益嗣 羽生田 恒永 梶浦 美咲
翔泳社
売り上げランキング: 13,245


読書会で書籍を読み終わると、新しい書籍をどれにするかWebサイトで投票が行われます。
今回の投票結果はこちら。 http://www.javareading.com/bof/cgi/rank.cgi?Dummy=1454134173491

投票最終日の夜時点で2冊が8票で同点だったんですが、その後、私が投じた1票が決定打になるとは・・・

投票はいつも迷うのですが、ちょうど自社でもJavaのWeb開発フレームワークを刷新しているところで、この本には興味あったんですよね。
個人的にもStruts1とSpring Frameworkは触ったことあるものの、Java EEのJSFやJPAなどはほとんど触ったことありませんでした。

今まで読書会で読んできた書籍は「読み物」系が多かったのですが、今回の書籍は「実装」寄りの印象を受けます。
なので、手を動かしながら学べる本ということで、事前に写経してから参加しました。


10年以上、毎月休まず開催されてきた歴史があるJavaの読書会です。
前々回は200回目だったそうで、読書会後にみんなでボーリングに行きました。


是非、そこの貴方もJava読書会に参加して、Java EEの新しい技術に触れてみませんか~

「【東京】JJUGナイトセミナー Git入門」に参加しました

2016-01-25(月) 「【東京】JJUGナイトセミナー Git入門」に参加してきました。

DoorKeeper
https://jjug.doorkeeper.jp/events/37249

Togetter
http://togetter.com/li/930969

場所は日本オラクルさんです。
参加者は230人くらいでしょうか。会場は後まで満杯で、立ち見まで出て大盛況でした。

普段のお仕事でもGitやGitBucketを使う機会がだいぶ増えました。
ただ、使いこなせてるかというと自信がなかったので、この日の勉強会の内容はとても興味がありました。

以下、自分用のメモ。


Gitはじめの一歩 (@ihcomegaさん)

Gitはじめの一歩 from Ayana Yokota




手書きの絵がかわいいですね。新卒3年目で登壇とは素晴らしい。

■ 分散バージョン管理の便利なところ
  • 自分自身のリポジトリが作れるので気軽に操作できて精神的にも嬉しい。
  • SVNだと皆で使うリポジトリが1つだけなので、操作にプロジェクト全体が影響する。

■ ローカルでの操作詳細
  • commitする前にステージに上げる。(git add)
  • ステージから戻すこともできる。(git reset)

■ リモート・ローカルで歴史をやりとり
  • pull = fetch + merge

■ ブランチ
  • 今作業中のブランチをHEADという
  • ブランチの統合には2種類ある。 merge / rebase
  • 合体させて1つにする: git merge
  • つけかえて1つにする(歴史が書きかわる): git rebase

■ マージの種類

  • fast-forward : 枝分かれ元に変更がない
  • non-fast-forward : 枝分かれ元に変更がある

■ オススメ本(無料)





Git実践入門 (@syobochimさん)
20160128 jjug Nightセミナー_Git実践入門 from Mizuki Wada




入社4年目で大手SIer勤務とのこと。
この日の講演者はお二人とも女性で、入社3~4年目の若手エンジニアでした。素晴らしいチャレンジ精神。


■ 開発スタイル
■ 困ったこと

■ プロジェクト構成とブランチモデル

(1) ケース1
  • ベースリポジトリとサイトリポジトリに分ける。
  • ライブラリアンというチームを作って、ベースリポジトリはそのチームしか触れない。
  • ベースリポジトリからリリース物を作る
  • フレームワーク用にリポジトリを分けている。
  • フレームワークの取り込みタイミングは、アプリチームが最適のタイミングを決められる。

(2) ケース2
  • developA、developB、developC・・・は、開発拠点毎に作る。
  • フレームワークの変更がdevelopにマージされ、それしか使えないので、すぐに各チームは取り込まないといけなくなるので、素早く変更が反映される。

(3) ケース3
  • developブランチのみで開発し、直接developへコミットする。
  • masterへのブランチは受け入れ時のみ。

■ 導入・運用してみて思った事
  • ガイドを用意するとスムーズ。
  • しょぼちむさん作成のガイド: http://syobochim-doc.readthedocs.org/ja/latest/index.html
  • ややこしいことはさせない。禁止するんじゃなく、教えない。

■ 改善が必要だと思うこと
  • featureブランチは息短めにする

■ ギットクエスト




■ 質疑応答

Q1.
Gitが流行ってるから導入したい、ってPMに説得したけど、受け入れてもらえなかった。
説得をどうすればいいか?

A1.
そういうPMはGitとかに興味がないので、PMを説得せずに先に入れちゃう。
無料なので、開発者の中で同意がとれてればいいのでは。バレたら謝るくらい。
わからない人にはわからないことを言わないw


Q2.
SVNでできるのってGitでもできるの?

A2
SVNはロックがかけられる(チェックアウト時の凍結ロック)のがGitと異なる。
Gitはマージが優秀なのでマージでカバーする。
マージの恐怖心をなくしてあげることが重要。


Q3.
SVNよくしってる現場にGitをいれるとき、SVNと同じ使い方もできると思うが、Gitの何をつかえばよいか?

A3.
SVNは同じところにコミットしていくのでプレッシャーがある。
Gitは同じとこにコミットするという精神的負荷がないのが良い。


★感想:
登壇者のお二人、入社3~4年目の若手女性エンジニアさんだったんですが、とても「しっかり」しているイメージでした。
きちんと自分の考えを持って、自分の意見を主張している姿が目に浮かびます。
個人的にも、Gitについて理解があやふやな点も整理でき、とても有意義でした。

あと、ギットクエストをプレイしてみたんですが、斬新な発想ですね。
Gitの学習を始めるステージ、コアな部分をアトラシアンのサイトに丸投げしている部分にいつも噴くw

関係者の皆様、ありがとうございました。

FC2Ad