makopi23のブログ

makopi23が日々の生活で感じたことを気ままに綴るブログです。

「第34回 館山若潮マラソン」を無事完走してきました!

2014/1/26(日) 「第34回 館山若潮マラソン」を無事完走してきました!
あ、もちろん42.195kmです。

公式サイト
http://www.tateyama-wakasio.jp/index.shtml

今回で館山若潮マラソンは3年連続・3回目の出走です。
そして、私の記念すべき初フルマラソンも館山若潮マラソンでした。

館山若潮マラソンはRUNNETで全国ランニング大会100撰にも選ばれている、素晴らしい大会です。
ちなみに今年の応募は11,485名と、過去最高だったそうです。

今回は当日の降水確率が前日時点70%だったのでお天気が心配だったのですが。。。
朝のうちに雨は上がり、なんとか晴れた~


やっぱmakopi23の日頃の行いが良いからでしょう。
ただ、風が強かった。。。

このマラソン、25km~30km付近の坂がキツくて、かなりの初心者泣かせなコースです。
私も毎回、心が折れて地獄を見る・・・

つーか今回、ポケットにSUICAと1000円札を入れておいて、道中でポカリスエットと缶コーヒーを買っちまった!
激走中に自販機で水分を現地調達するランナーも珍しいやろな。。。
スマン!いきなり商店前の自販機で缶コーヒー買って、そのまま傍の椅子で一服しはじめたランナーは俺です。。。

んでも地獄坂を超えて、33kmの最終関門に辿り着いた時は嬉しかったですね~
これで今回も完走できる!と思いました。んでそっからは、かなり快調に走れました。
いつもは30kmを過ぎるとどうしても歩く時間が長くなるのですが、今回は走り続けることができた。
11月の2回のフルマラソン、毎日の5kmラン、週2回の筋トレ、その他もろもろの成果がちゃんと出て、嬉しかった~

・・・

というわけで、なんとかゴール!
20140126_wakasho1.jpg

体重が100kgもあるから、すんげー遅い!

でも、これでも過去2番目の好タイムでした。
つーか、俺より体重ありそうなランナーって今回見かけなかったなぁ。
完走ランナーの体重TOP10に入っているのではなかろうか!

ちなみにラップはこんなカンジ。あの強風が無かったら、過去最高タイム行けてたかもなぁ。
20140126_wakasho2.png

そして恒例の、無料で提供される豚汁! (とあるランナーさんのツイート抜粋↓


今年は完走後に2杯、戴きました。完走後に飲む豚汁は体に染み入る!今年も美味しかった~


★感想:
2014年初のフルマラソンでしたが、幸先よく完走出来てホント嬉しかったです。
毎年、年齢を重ねても、まだまだ完走できる自分がいる。

さて、次はどの大会で走ろうかな~
ということで、新たなチャレンジを探して、引き続きフルマラソンにエントリーしていこうと思います。
次回は、お手製のゼッケンを作って、その日の体重をそれに書いて背中に付けて走ろうと思っています。
きっと俺に抜かれたランナーは、それを見て奮起すると思うのです。
「あの巨漢に抜かれた!100kgに抜かれた!負けてられねぇ!」みたいな!

いろんな仮装ランナーを見ながら走るのは楽しいですが、私も次回は、自分の巨体をアピールしながら走ろうと思います~

次回は、自己ベストを目指して!
スポンサーサイト

SQLアンチパターン読書会 「フィア・オブ・ジ・アンノウン」に参加しました

2014/1/24(金) SQLアンチパターン読書会 「フィア・オブ・ジ・アンノウン」に参加してきました。

DoorKeeper
http://sqlap.doorkeeper.jp/events/8213

以下の書籍をターゲットとした読書会なのです。
SQLアンチパターンSQLアンチパターン
(2013/01/26)
Bill Karwin

商品詳細を見る


場所はいつもの湯島、株式会社アルティネットさんです。
いつも会場提供ありがとうございます。

参加者は12人かな。
新規参加が一人ありましたが顔見知りなので、実質全員、顔見知り。

前回の読書会は11/20だったので、この日は2か月ぶりの読書会でした。
12月は読書会メンバーで忘年会をやったんですが、お料理もお酒も、とっても美味しかったです。

んで今回は2014年初の読書会ということで、参加者全員が最初に一言、今年の抱負を宣言しました。
ちなみに私の抱負はというと・・・、お正月明けに体重計に乗ったら、103kgと初の3桁大台に乗ったので(ぉ
今年の抱負は「体重を 減らす! 減ら・・・したい!」
・・・体重を測るとTweetされる体重計を今年購入しました。測るたびにこんなカンジで投稿されます。


皆さんからの抱負は、技術系のチャレンジネタや、健康に関する抱負が多かったですね~
いろんな目標を聞くと、俺も頑張らなきゃ、って身が引き締まる思いです。

さて、今回から第Ⅲ部ということで、13章「フィア・オブ・ジ・アンノウン(恐怖のunknown)」がターゲットでした。


■13章の説明
Sqlap2 from Akura Pi


今回は @akuraru さんがスライドを作成して紹介してくださいました。
3値論理やNULLIF関数を使った考察なども追加されていて良いですね~


■ディスカッション
今回もディスカッションしたいネタをみんなで付箋に書き出しました。
20140124_sqlap2.jpg

前日にミックさんのNULLに関する記事を読んでたんですが、ミックさん絡みの付箋もいくつか見られました。


この記事と今回の13章を合わせて読むことで、大変参考になります。

以下、個人メモ。
---
■スライドP.13のNULLIF関数
・MySQLだとNULLIF関数とIFNULL関数がある。
・NULLIF(式1,式2)は引数を2つとって、引数が等しい場合にNULLを返し、異なる場合に第一引数を返す関数。
・IFNULL(式1,式2)は引数を2つとって、第1引数がNULLなら第2引数の式を実行する関数。
・Oracleだと、NULLIF関数と同等の関数としてNVL関数がある。


■スライドP.19のPreparedStatement
・Where句の?にnullを当てはめて等号比較をしても、値がnullのレコードは1件もヒットしない。
・等号比較の代わりにIS NULL述語(書籍15.5.3節)を使う。


■NULLは値か?
・NULLは値というよりも、論理値みたいなもの。
・「何も無い」ことを示すタグみたいなもの。


■日付型カラムとNULL
・「退職年月日」のようなカラムがある場合の、在職中の社員への扱いは以下2種類がある。
 ①NULLを割り当てる
 ②2199/12/31のような遠い未来日を固定値で割り当てる

・①の利点: 
 - 未定なものにはNULL、という自然な発想に一致しやすいので違和感が無い。

・①の欠点:
 - そのカラムを処理する際に、毎回NULL判定の分岐が必要となりクエリやコードが煩雑になる。
 - IS NULL判定はインデックスが効かないので、性能に影響する。

・②の利点: 
 - NULL判定のコードが不要になり、クエリやコードがスッキリする。
 - 処理性能面でも有利。

・②の欠点:
 - 2199/12/31が意味を持つ未来までデータが移行され続けた場合に、業務的に破綻する。
 - 固定値として9999/12/31を割り当てた場合、1970/1/1からの経過ミリ秒を表すUNIX Timeにおいて、32ビットで9999/12/31を表現することができず、オーバーフローで破綻する。(64ビットならOK)

・この例のように、「分かってないもの」に如何に名前や値を持たせるか、が設計の腕の見せ所。


■日付型カラムと状態
・日付型カラムで期間(Range)を表現した場合、ステートフルになる。
・例えば開店年月日と閉店年月日のカラムを持つテーブルの場合、その期間中にある店は開店していて、その期間外にある店は閉店している、という状態を持つことになる。


■4値論理
・3値論理(True, False, Null)におけるNULLを、以下のようにさらに2種類に分けた、4値論理というものがある。
 ①未知 (UNKNOWN)
 ②適用不能(Not Applicable)
・ミックさんのサイト「3値論理 ―― 神のいない論理」が参考になる。


■データベース界の2大宗教論争
・①主キー(ID)として、自然キー(ナチュラルキー)か代理キー(サロゲートキー)のどちらを用いるべきかの論争
・②カラムにNULLを許すか許さないかの論争(今回の13章が該当)
・この2つの考え方と、4値論理のNULLを2種類に分けるべきか否かという2つの考え方の組み合わせで、2×2=4象限になる。
・この4象限のどれを支持するかでカオスなバトルが繰り広げられるw


■NULLに関わる設計
・設計レベルではNULLを撲滅することはできるが、クエリレベルではNULLははチラホラ出てくる。
・論理設計でNULLが出てくるのはおかしい。論理設計の段階では「不明」という扱いで良いはず。
・物理設計の段階で、NULLにするか、パフォーマンスを考慮してNULLではなく未来日を入れて回避するか、などの設計を実施する。
・NOT NULL制約を付けると性能が遅くなる、という都市伝説があるが、きちんと測ってから議論すべき。
・NULLを許すカラム以外でもっと先に絞り込んでおけば、パフォーマンスにそれほど影響が無いように工夫できる。
・COUNT関数の引数にカラムを指定した場合、そのカラムにNULLが入っていた場合、そのレコードはカウントされない。
 → 実際のレコード数と異なるため、想定外の結果となる。ちなみにCOUNT(*)ならNULLがあってもOK。
・整数型のカラムに、NULLを避けるために-1を割り当てたりすると、SUMなどの集合演算で破綻する。


■ドイツ語の0
・ドイツ語での数字の読み方は、0:null(ヌル)、1:eins(アインス)、2:zwei(ツヴァイ)、…
・英語はZeroだが、ドイツ語はNullだった!


■NULLに関する意外な事故事例
・アメリカでNULLという苗字の人がいて、その人のデータをSOAP連携したときにシステムがコケたらしい。
・Nullという苗字の文字列をParseした際に、文字列からNullに変換され、システム連携でハマった・・・
・それまでシステムは正常だったのに、その人が入社するだけでシステムが破綻するとは恐るべきテロ・・・
・ググったら、ホントにあった事例みたいw 「Nullさんの憂鬱……自分の名前を検索すると社員検索アプリが死ぬ」


■JavascriptにおけるNullの扱い
・Javascriptではnullとundefinedがある。(参考:Qiita「null と undefined の違い」
①null: 何かを返すべきであるが、返すものがない場合に使用する。意図的に使われる。
②undefined: ただ何もない状態。定義されていない変数、オブジェクトの定義されていないプロパティ、何もreturnしない関数の返り値などは全てundefined。
・Javascriptのバグで、"typeof null"とすると"object"が返ってくる。


■Not Null制約とDefault Null指定の共存
・MySQLでは、Not Null制約を付けたカラムにDefault Null指定ができるらしい。
・MySQLではNOT NULLなどの制約をかけているフィールドに対してNULLをinsertすると、それがint型のフィールドであれば0、char型のフィールドであれば''(空文字)にされてinsertされるらしい。
 参考ブログ: ロウブロウな日記「MySQLのNOT NULL制約のフィールドにはNULL突っ込んでもエラーにならない」
・この挙動はMySQL5.0以降ではSTRICTモードにすることで回避できるらしい。


■Nullを含むカラムをOrder by句に指定した場合のソート順序
・order by句で列を指定してソートすると、デフォルトではNULLのデータは最後にソートされる。
・OracleではNULLS FIRTSTとNULLS LASTの指定ができる。
・NULLのデータを最初に持ってきてソートしたい場合はorder by句で列指定後、NULLS FIRSTを指定するとNULLのデータが最初にselectされ、その後NOT NULLのデータがソートされる。
・逆に、まずNOT NULLのデータをソートし、最後にNULLのデータを持ってきたい場合はNULLS LASTを指定する。
・参考サイト:NULLS FIRTSTとNULLS LAST


■アンチパターン:Nullの使用を避ける(13.2.4節)
・アンチパターンの設計例:
 - 外部キー制約で「社員テーブル」へ参照を持たせていたカラムがある。
 - そのカラムにNullを許したくないからといって、社員テーブル側に「存在しない社員」を表す社員を用意した。
 - では、「存在しない社員」が所属する部署はどう表現するか・・・?
 - じゃあ、「所属テーブル」に「存在しない社員へ割り当てるための、ダミーの部署」を用意しよう!

・上記のような設計をすると、ダミーの社員や部署などをどんどん作る必要が出てきて、弊害となる。
・さらに、ほとんどのクエリーで、ダミーの社員や部署を除外するための指定を追加する必要があり、煩雑になる。


■13章のタイトル「フィア・オブ・ジ・アンノウン」の命名について
・@t_wada さん曰く、「本書で一番アレなタイトル」とのことw
・「ジョジョの奇妙な冒険」におけるスタンドっぽい名称になった。
・ラスボスっぽい命名。
・この章が一番強そう。

・・・ワロタw


■読書会後のご飯
読書会後は、恒例のお食事会。今日は7人でお寿司を食べに行きました~
20140124_sqlap3.jpg

楽しむ時は、た、体重なんて気にしないっ・・・!(震え声


★感想:
「NULL」という1テーマに対し、非常に多岐にわたる議論が繰り広げられ、大変勉強になりました。
これまで「NULLを割り当てるのが当たり前」だと思っていた私にとって、かなりの衝撃でした。
いろんな考えや設計があるんだなぁ。。。

あと、年末にSQLアンチパターンが増刷になったそうです。おめでとうございます!


この読書会で見つかった誤植なども反映されているそうです。

参加者の皆様、ありがとうございました~



■おまけ:過去の「SQLアンチパターン読書会」ブログ

1章:SQLアンチパターン読書会 「ジェイウォーク」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

2章:SQLアンチパターン読書会 「ナイーブツリー」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

3章:SQLアンチパターン読書会 「IDリクワイアド」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

3章:SQLアンチパターン読書会 「続・IDリクワイアド」 に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

4章;SQLアンチパターン読書会 「キーレスエントリー」 に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

5章:SQLアンチパターン読書会 「EAV(エンティティ・アトリビュート・バリュー)」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

6章:SQLアンチパターン読書会 「ポリモーフィック関連」 に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

7章:SQLアンチパターン読書会 「マルチカラムアトリビュート」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

8章:SQLアンチパターン読書会 「メタデータトリブル」 に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

9章:SQLアンチパターン読書会 「ラウンディングエラー」 に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

10章:SQLアンチパターン読書会 「サーティーワンフレーバー」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

11章:SQLアンチパターン読書会 「ファントムファイル」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

12章:SQLアンチパターン読書会 「インデックスショットガン」に参加しました
 http://makopi23.blog.fc2.com/blog-entry-121.html